注文住宅だからできる家作りの利点と良さについて語る

相性の良い担当を

家のアプローチ

注文住宅の建築メーカーは、大手の建築メーカーから地方の中堅建築メーカーや工務店とこんなに家をホイホイ建てる人が居るのか、と思うくらい沢山の建築メーカーが有りますよね。
では、それぞれ何が違うのか、おおざっぱに見てみると、大手住宅メーカーは、その資金力を背景に研究・開発を行い、技術的な背景を元にした地震などに強い安心な家、またはエネルギー効率の良い消費エネルギーの少ない家という印象があると思います。
中堅の住宅メーカーは地域密着方をうたい、その土地や気候について考えた家作りをしているという印象があり、小規模の工務店は、お客様のニーズに合わせ小回りのきく対応や、一緒に家を完成していくという、印象があります。

それぞれの建築メーカーの坪単価を見ていくと、みなさんのご想像通り、大手の住宅メーカーがダントツに高く、次に中堅建築メーカーで一番、安いのが小規模な工務店となります。
では、この金額の差が建築した家の質にどれだけ影響しているかと言うと、あまり差は感じられない。
という感想を私は持っています。
たしかに、大手建築メーカーの技術力については、裏付けと実績があり、それ相応の物と思いますが、基本的な建築方法および、建築水準は大手建築メーカーでも小規模工務店でも、そうそう変わる物ではありません。
なぜなら法律上で建築基準が定められているのと、建材というは、ほぼほぼ標準化されているからです。
では、他に価格の差について考えるみると、大手の建築メーカーは倒産するリスクがほとんど無く、建築後の保守についても安心ですが、工務店は世の中の景気に左右されやすい物です。
この価格の差というのは安心も同時に買っているものと思っています。