ほくろ治療を美容皮膚科で受けよう【レーザーを用いてまるごと一掃】

安全なほくろ治療法

ウーマン

ほくろ除去手術

ほくろがあることがコンプレックスになってしまい、治療のために安価なクリームを使おうとする人もいます。しかしほくろ除去クリームには現在厚生労働省の認可の下りたものが無く、市販されているのは海外産の製品となっています。そのため安全性への信頼が薄くかつ根本的な治療にはならないと言うのが一般的な見方です。完全に治療したいならばやはり美容整形や皮膚科に相談すべきでしょう。顔に特徴的なほくろがあるのは女性にとっては大きな悩み事になりますからね。美容整形で行われている治療法は、レーザー治療と電気メスによる外科措置です。レーザー治療法では炭酸ガスレーザーを使って患部の水分を急激に上昇させ、組織を構成している細胞を焼き切ることによって気になる箇所をきれいにします。この方法の特徴は細かなほくろに一点集中してレーザーを使うことで他の健康な皮膚を傷つけないことです。そして切開や縫合や麻酔を行わないので体への負担も少なくて済み、もちろん大きな痛みも感じません。いいことづくしともいえる施術方法なのですがレーザー治療は1回の術式で効果が出ない場合もあり、また熱を使うことでほくろを取った後に手術痕が出来てしまう不安があります。ほくろが無くなってもまた新しい痣がついてしまったらがっかりですね。またまれにですが直した患部が再発してしまうということもあるのが実態です。このような不安を完全に払しょくするためにも電気メスで完全に切除するという方法もあります。これは大きなほくろほど効果を発揮します。目立ってしまっている部分をメスできれいに切り取ってしまうので1度の施術で治療が完了します。そのため安全かつ効果的な方法を実践したと言う方には電気メス療法が人気の様です。レーザーにしても電気メスにしても実際に施術してもらうには長所も短所もあります。きれいな肌を取り戻したいと思っている人ほど、事前に施術方法の詳細や肌カウンセリングをしっかり受けることが重要になるのです。そしてどんな方法を試すにしても肌ストレスがゼロという訳にはいかないことを知っておきましょう。その上で納得のいくクリニックを探すといいですね。

Back to Top