ほくろ治療を美容皮膚科で受けよう【レーザーを用いてまるごと一掃】

ほくろ除去は比較的簡単

カウンセリング

ほくろ除去施術の種類

ほくろは目立つところに存在すると気になるものです。特に女性は顔表面の目立つ場所であるとコンプレックスを持つ場合もあり、またメイクなどのときも、どうにかならないものかと常々感じている方も多いようです。良性のものはガンなどに変わる心配はありませんが、これは皮膚科の診断によって判断されるものですから診療を受けることをおすすめします。見た目を改善するためにほくろを除去したい、と考えたら場合は現在美容外科や皮膚科などの手術で比較的簡単に除去することが可能です。具体的には炭酸ガスレーザー治療と電気メスによる除去手術が主流で、炭酸ガスレーザーは赤外線を使用しほくろを破壊する方法です。電気メスはメスにてほくろの色素を削って行います。施術方法は対象のほくろの大きさや医師・施術者の方針などで変わってくると思いますが、一般的に小さなものはレーザー治療、大きなものは電気メスで行うことが多いようです。ほくろの大きさによっては何回かに分けて行うことがあり、通院・治療回数が増えることもありますので、治療前に確認してから臨みましょう。電気メスは施術効果が高いということもあり、時間経過で自然改善することもありますが跡が残ることも稀にあります。レーザー治療はたとえ跡が残ったとしても自然治癒しやすいものなので、施術後の心配が少ない方法と言われます。ほくろの除去施術は電気メスやレーザーなどの電気機器を使って行いますから、病院や手術に慣れていない方は不安になることも多いようです。しかし5mm以下の比較的小さなものの除去施術は、出血も少なく患部を縫う必要もないことが多いので心配は要りません。ほくろ以外にはダメージを与えませんので安心して施術できます。また施術中の痛みは、大きくはありませんが若干あるようです。気になるようであれば麻酔を使って軽減できますので、医師に確認しておきましょう。小さいほくろの除去施術は、ほとんどの場合短時間で終了するようで、特別高額な治療費になることはないようです。また治療後に再発しないかは心配する部分ですが、保証制度を設けている場合もありますので、この点はしっかり確認して治療に臨みましょう。

Back to Top