ほくろ治療を美容皮膚科で受けよう【レーザーを用いてまるごと一掃】

ほくろ治療を専門家に依頼

医者

ほくろ除去治療を受けるなら

ほくろをコンプレックスに感じている人は多くいます。ほくろが目立つ部位にあることで小さい頃から悩んでいると言う場合、美容外科でほくろ除去をしてコンプレックスを解消することをお勧めします。一般的にほくろは、あざの一種と言われています。しかし、中には、ほくろだと思っていたものが悪性腫瘍だったということもあります。なので、もし、悪性腫瘍かもしれないと心配な場合には、顕微鏡で腫瘍の検査も同時に行なえる美容外科を選択しましょう。また、ほくろ除去といっても、いくつかの治療方法があります。電気やレーザーによって除去する方法と切開法です。電気を使ったほくろ電位焼灼法とCO2レーザー法は、ほくろ部分に照射して、治療部位に軽い火傷を起こしてアプローチする方法です。治療後は、かさぶたができ、かさぶた自然にはがれ落ちる時には、ほくろが薄くなっているというものです。これらの治療は、実績が少なく、治療技術を持ち合わせてない医師の治療を受けることで、焼きすぎてしまうこともあります。焼きすぎてしまうと傷跡が残ってしまうこともあります。なので、医師の選定はしっかり行ないましょう。また、ほくろの大きさによっては、数回治療を受ける必要があるケースもあります。しかし、費用が安い点が大きなメリットとなっています。切開法は、名前の通り切開をして取り除く方法です。ほくろ電位焼灼法とCO2レーザー法で対処できない大きなほくろは、切開法で除去していきます。費用は、他の治療法と比較すると高めですが、完全に除去することが出来るので再発の心配がない点がメリットです。ほくろの状態によって、治療方法が異なるので、初診時に医師と相談して治療方法を決めていきましょう。近年は、全国各地にほくろ治療を行なっている美容外科があるので、医師選びや病院選びに悩んだ場合は、各地域の情報サイトをチェックしましょう。実際に治療を受けた患者の口コミ評価や料金などの詳細を知ることが出来ます。なので、いくつかの美容外科を比較して、予算や目的、評価の高さに応じて選択していきましょう。

Back to Top