ほくろ治療を美容皮膚科で受けよう【レーザーを用いてまるごと一掃】

レーザーでほくろは消せる

女性

良性と悪性のほくろについて知ろう

顔にできた大きなほくろがコンプレックスという人も少なくありませんが、ほくろの治療は年々進化していますから小さなほくろであれば簡単にとることができますし、大きなほくろであってもメスを使用して除去することが可能となっています。ほくろの除去は保険診療内で行えるものと自由診療で行うものとがありますが、完全な美容目的で除去する場合には保険は適用されず自己負担となってしまいますから注意が必要です。炭酸ガスレーザーはほくろ治療でもよく使用される方法で、ほくろの基となっている母斑細胞を焼き切るという治療法です。レーザー治療は必要最小限の範囲だけを照射しますから傷跡が目立たないというメリットがあります。大きく深さもあるほくろの場合はレーザーよりも手術によって切除する方法が有効な場合があります。手術はほくろをくり抜いて巾着縫合したり紡錘形に切除して縫い合わせる方法があり、顔以外の部位におすすめです。ふつうのホクロの場合は、気にならなければ特に無理に除去する必要はありませんが、治療が必要になるケースもあります。それはメラノーマと呼ばれる悪性の皮膚ガンの場合で、一見するとふつうのホクロと同じように見えますが皮膚の色に関係するメラニンがガン化した腫瘍ですから早期に発見して早期に治療を受ける必要があります。メラノーマができやすい部位は足の裏や手のひら・手足の爪などに発生しやすく、全身のレントゲンやCT・超音波などを行い病気の進み具合を判断しその病期にあった治療を行っていきます。メラノーマは他のガンに比べ抗ガン剤が効きにくいガンとなっていますから手術によって腫瘍をすべて取り去ることが基本となっています。早期に発見できれば小さな手術ですみますし後遺症の心配もありませんが、発見が遅れてしまうと全身にガン細胞が転移して手術が不可能になったり、手術を行っても完治しない場合があります。こういった場合は抗ガン剤や放射線療法などの治療も併用されますが、メラノーマに効果が認められる抗ガン剤は少なく有効率も低いといえます。そのため少しでも異変を感じた場合にはできるだけ早く皮膚科の専門医を受診することが大切です。

Back to Top