注文住宅だからできる家作りの利点と良さについて語る

相談は大事

豪華な家

注文住宅の建設では、様々な要求をすることによって理想の家を建てることができます。
こんなに沢山の要求をしても良いのだろうかと心配することもあるかもしれませんが、遠慮は不要となります。
全ての要求を叶えるのは、所詮は無理なことはわかっているためです。
というのも、施主は素人感覚で理想の家をイメージしますが、そこには耐震性や採光などといった技術的な裏付けは無いものです。
それをどう組み上げて形にするかは、建築士が判断することなのです。
そのために要望は全て伝えた上で、どれを取り上げることができるのか、どれを妥協するか代替案を出すかを決めることになるわけです。
もちろん予算の関係もあるので、あとは建築士のセンスに任せることになります。

注文住宅を建設する上では、誰もが注意すべき点となるのが予算と理想との兼ね合いです。
いくらでも予算をつぎ込むことができるのであれば話は別ですが、現実にはそうもいかないケースが多いものです。
そこで何を妥協するのかが特に大切なところです。
デザイン性や住み心地などを優先するあまりに、耐震性は当然のことですが、メンテナンスのしやすさや断熱性などをコストカットすると、後あと後悔することになります。
まずは建設の上での基礎的な部分はきちんと費用をかけることが大切です。
もし仮にこだわるデザイン性を維持するために構造上補強が必要とあれば、その部分には予算を削るようなことは避けるべきこととなります。
それを主軸において何を妥協していくのかを考えることが大切です。