注文住宅だからできる家作りの利点と良さについて語る

特徴を知る

設計図

マイホームを手に入れる場合中古物件の購入や建売の購入など様々な購入方法がありますが中でもより自分たちの理想の住宅を手に入れる方法が注文住宅の建築です。
注文住宅で建築することでこだわりを持った住宅を手に入れることができます。
建築会社によってはこだわるところはとことんこだわることも可能ですし、そこまで詳しくないという人でもある程度の選択肢を与えられその中から選択する方法もあります。
このように注文住宅にも様々な選択肢があります。
その選択肢は建築会社の数だけあると言えその数も数万社以上あるとされています。
ですからどの建築会社で住宅を建築するのかということは非常に重要なことです。
この選択によって満足度が大きく変わると言っても過言ではありません。

建築会社といっても様々で少数で経営している設計事務所から社員数数千人規模の大手ハウスメーカーまで様々です。ハウスメーカーでは3つ程度の工程に分けられてそれぞれの分野を担当するケースが多いのです。
一つ目に営業担当者です。主な業務内容は建てる人の資金計画を作成するなどお金の面からサポートする人です。
二つ目に設計担当です。住宅の間取りを提案しそれらが法律にのっとっているかのチェックが主な業務です。
三つ目に現場担当者です。新築の工事現場を管理する人です。
現場が図面通りに施工されているかといったチェックが主な業務です。それぞれの担当者の細かい業務は業者によって異なりますが、一つの物件を建てるだけでもたくさんの人がかかわります。
この中で建てる人に一番寄り添っているのが営業担当者と言えます。お金の管理から住宅への要望まであらゆるサポートをしてくれる人です。
営業担当者は住宅が完成した後もアフターケアなど会社との窓口になる人です。ですから営業担当者との相性は住宅建築において非常に重要な要素です。